1984年にデビューしたアイドル一覧 岡田有希子 菊池桃子 長山洋子 荻野目洋子

スポンサーリンク

ロサンゼルスオリンピックでカール・ルイスが大活躍した年。

オリコン年間シングル

1位 わらべ:「もしも明日が…。」
2位 安全地帯:「ワインレッドの心」
3位 松田聖子:「Rock’n Rouge」
4位 チェッカーズ:「涙のリクエスト」
5位 チェッカーズ:「哀しくてジェラシー」

オリコン年間アルバム

1位 マイケル・ジャクソン:『スリラー』
2位 サウンドトラック:『フットルース』
3位 サザンオールスターズ:『人気者で行こう』
4位 チェッカーズ:『絶対チェッカーズ!!』
5位 松任谷由実:『VOYAGER』

第26回日本レコード大賞

大賞 長良川艶歌/五木ひろし

アルバム大賞 Triad/高橋真梨子

最優秀歌唱賞 浪花節だよ人生は/細川たかし

最優秀スター賞 北ウイング/中森明菜

最優秀新人賞 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして/岡田有希子

 

スポンサーリンク


宇沙美ゆかり 蒼い多感期 1984年3月21日 デビュー

誕生日: 1968年4月2日

デビュー時の年齢: 15才11ヶ月

作詞: 売野雅勇 作曲:後藤次利

歌いだし: 奥がブラウスで胸の形 あなたに見せつけてる

宇沙美ゆかり 蒼い多感期

沖縄出身。

沖縄で開催されたタレントオーディションで合格、芸能界入。

井筒和幸監督・あだち充原作の映画「みゆき」の主演オーディションで合格し、主演映画デビュー。

1984年歌手デビューを果たす。

キャッチフレーズは「ときめきタイフーン」である。

ドラマ「不良少女とよばれて」「スケバン刑事」の主演に選ばれていたが、不良役に事務所が反対、他の映画で主演をつとめることになったことでキャンセルした。

 

倉沢淳美 プロフィール 1984年3月21日 デビュー

誕生日: 1967年4月20日

デビュー時の年齢: 16才11ヶ月

作詞: 売野雅勇 作曲: 井上大輔

歌いだし: 「平凡すぎる女の子 あなた嫌いですか あなた退屈ですか・・・」振り向けばそこにいるような女の子

倉沢淳美 プロフィール

テレビ朝日のバラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの」の萩本家の3人娘わらべのメンバーに選ばれて芸能界デビュー。

1984年に歌手デビューも果たす。

オーストラリア人の男性と結婚。

 

スポンサーリンク


渡辺桂子(渡部桂子) H-i-r-o-s-h-i 1984年3月21日 デビュー

誕生日: 1966年11月9日

デビュー時の年齢: 17才4ヶ月

作詞: 売野雅勇 作曲: 筒美京平

歌いだし:何かにつけて シャクにさわる人を

渡辺桂子 H-i-r-o-s-h-i

「スター誕生!」に出演したことがきっかけにスカウトされ芸能界入り。

ホリプロスカウトキャラバンでも審査員特別賞を受賞している。

1984年、キャッチフレーズ「お友達にしてくれませんか?」の元、歌手デビュー。

「乳姉妹」に主演。

1986年に突然、男性と逃避行、結婚、芸能界を引退。

復帰後はヌードを披露。

長山洋子 春はSA・RA・SA・RA 1984年4月1日 デビュー

誕生日: 1968年1月13日

デビュー時の年齢: 16才2ヶ月

作詞:日本語詩 竜真知子  作曲:Raul Reiman

歌いだし: ああ桜並木で 風が ひと荒れしそうな夕暮れ

幼少の頃から民謡や三味線に親しむ。

演歌歌手としてデビューする予定でトレーニングも積んでいたが、事務所の方針でアイドル歌手としてデビュー。

カバー曲「ヴィーナス」がヒット。

映画「恋子の毎日」で主演。

1993年から演歌歌手に転向、紅白歌合戦にも14回出場の中堅演歌歌手となった。

 

荻野目洋子 未来航海-Sailing- 1984年4月3日

デビュー 誕生日: 1968年12月10日

デビュー時の年齢: 15才3ヶ月

作詞: 神田ヒロミ 作曲:島津行良

歌いだし: センチメンタルな サマーブルーセイリング

荻野目洋子 未来航海-Sailing-

小学4年生の時に「ちびっこ歌まねベストテン」に出演してスカウトされ、3人組グループみるくとして歌手デビュー。

1983年アニメ「みゆき」のヒロインのみやき役の声優をこなす。

1984年、デビュー。

姉は女優の荻野目慶子である。

ユーロビートの楽曲がはまり「ダンシング・ヒーロー」「コーヒールンバ」「六本木純情派」が大ヒットした。

紅白歌合戦にも5回出場。

近年、バブリーブームにのって、再ブレイクした。

 

スポンサーリンク


岡田有希子 ファースト・デイト 1984年4月21日 デビュー

誕生日: 1967年8月22日

デビュー時の年齢: 16才7ヶ月

作詞: 竹内まりや 作曲:竹内まりや

歌いだし: 誰にも優しい あなたのことだから

岡田有希子 ファースト・デイト

日本テレビの音楽番組「スター誕生!」で合格してデビュー。

童顔な割にパワフルなボディで水着姿も人気で、一躍トップアイドルとなる。

「くちびるネットワーク」が大ヒット。

主演ドラマも好調だった1986年4月8日に自殺により死去。

トップアイドルの自殺に後追い自殺者が出るなど社会現象ともなった。

 

菊池桃子 青春のいじわる 1984年4月21日 デビュー

誕生日: 1968年5月4日

デビュー時の年齢: 15才11ヶ月

作詞: 秋元康 作曲: 林哲司

歌いだし: コテージの窓から広がる コバルトのリーフが光れば

菊池桃子 青春のいじわる

1983年学研のアイドル雑誌「momoko」のイメージガールとなり、注目をあびる。

1984年3月、映画「パンツの穴」でスクリーンデビュー。

4月には歌手デビューを果たす。

清純派アイドルとして人気をとなり、ヒット曲も連発した。

バンド活動もするが失敗、その後は女優となっ確固たる地位を獲得する。

 

スポンサーリンク


可愛かずみ 春感ムスメ 1984年5月1日 デビュー

誕生日: 1964年7月9日

デビュー時の年齢: 19才9ヶ月

作詞: 岡田冨美子 作曲: 水谷竜緒

可愛かずみ 春感ムスメ

日活の宣伝用ポスターでヌードデビュー。

にっかつロマンポルノの映画「セーラー服色情飼育」で主演デビュー。

その後、一般映画などに出演、グラビアで人気となる。

1984年には歌手デビューも果たした。

女優、歌手としてだけでなく、バラエティ番組のモノマネでも活躍した。

1997年5月7日、自殺により死去。

 

岡本舞子 見知らぬ国のトリッパー 1984年8月5日 デビュー

誕生日: 1970年9月3日

デビュー時の年齢: 13才11ヶ月

作詞: 佐藤純子 作曲: 馬飼野康二

歌いだし: 港へ抜ける路地から 潮(しお)の香り 流れてくるの

岡本舞子 見知らぬ国のトリッパー

わずか4歳の時にスカウトされ子役として芸能界デビュー。

端正な顔立ちで人気を博した。

ミュージカルなどの出演などで活躍。

 

スポンサーリンク


少女隊 FOREVER〜ギンガムチェックstory〜 1984年8月28日 デビュー

ミホ(藍田美豊) 誕生日: 1969年8月31日 デビュー時の年齢: 14才8ヶ月

レイコ(安原麗子) 誕生日: 1969年10月18日 デビュー時の年齢: 14才10ヶ月

トモ(引田智子)   誕生日: 1972年11月3日 デビュー時の年齢: 11才9ヶ月

作詞: 亜伊林 作曲: 都倉俊一

歌いだし:この道 道の向こう 何かが 何かが待つ

少女隊 FOREVER〜ギンガムチェックstory〜

キャッチコピーは「胸騒ぎ、ザワザワザワ」。

1983年オーディションに合格した3人で少女隊としてデビュー。

アメリカロサンゼルスのレコーディングやテレビに露出しないなど一線を画する戦略が失敗。

メンバー交代、メンバーのケガなど不遇の時代だった。

秋元康プロデュースになってからは人気が出はじめ、ベステトンにランクインするようになった。

全国ホールツアーも成功、アジアでも人気となり、東南アジアツアーを成功。

ソウルオリンピックのイメージソング「Korea」で韓国でもブレイク、1988年、日本語の曲が禁止されている韓国で、戦後はじめて放送で日本語を歌う歌手となった。

1989年に解散後はソロ活動に入り、ヌード写真集を披露するなどした。

 

 

セイントフォー 不思議Tokyoシンデレラ 1984年11月5日 デビュー

板谷祐三子 誕生日: 1968年3月5日 デビュー時の年齢: 16才8ヶ月

岩間沙織     誕生日: 1964年7月7日 デビュー時の年齢: 20才3ヶ月

浜田範子     誕生日: 1965年2月22日 デビュー時の年齢: 19才8ヶ月

鈴木幸恵     誕生日: 1966年5月15日 デビュー時の年齢: 18才5ヶ月

作詞: 森雪之丞 作曲: 加瀬邦彦

歌いだし:いつもより長めのくちづけがせつない

セイントフォー 不思議Tokyoシンデレラ

事務所オーディションに選ばれた4人によりデビュー。

曲間にアクロバットを披露するなど、他のアイドルグループとはかなり違ったアイドルグループだった。

デビューまでの様子のドキュメンタリー「ザ・オーディション」も公開された。

しかし、後に本人たちが語るところによるとオーディションを含め、映画などは当時の事務所の集金システムの一貫だったようだ。

セイントフォーは事務所とレコード会社のトラブルにより解散。

ソロ活動になったメンバーは主にセクシー女優として活躍している。

板谷祐三子はセインフォーの間は眼鏡を着用していて新鮮だった。

星瞬堂