1978年にデビューしたアイドル 畑中葉子 石野真子 石川ひとみ

スポンサーリンク

1月にTBSではじまったのが「ザ・ベストテン」。

毎週、人気のアイドル、歌手が出演するのか緊張しながらテレビの前に座っていた。

4月4日には後楽園球場でキャンディーズが解散コンサート。

実力派若手バンドとして売り出す予定が方針転換でアイドルバンドとしてデビューしたレイジーの「赤頭巾ちゃん御用心」が大ヒット。

ニューミュージックなんて用語が生み出され、杏里、竹内まりや、水越けいこ、八神純子がデビューした。

スポンサーリンク


畑中葉子 カナダからの手紙 1978年1月10日デビュー

(平尾昌晃とのデュエットとして)

誕生日: 1959年4月21日

デビュー時の年齢: 18才8ヶ月

作詞: 橋本淳 作曲: 平尾昌晃

歌いだし:ラブレターフロムカナダ もしもあなたが一緒に居たら

畑中葉子 カナダからの手紙

平尾昌晃ミュージックスクールの生徒の中からオーディションを行い、選ばれた畑中葉子と平尾昌晃がデュエットとしてデビュー。

大ヒットとなり、この歳の紅白歌合戦出場。

1979年にはソロデビューも果たしたが、音楽ディレクターと結婚、8ヶ月で離婚。

その後、セミヌードを披露。

1980年にはにっかつロマンポルノに出演、ヌード写真集も発売した。

 

 

天馬ルミ子 教えてください、神様 1978年1月25日デビュー

誕生日: 1964年5月28日

デビュー時の年齢: 13才7ヶ月

作詞: 杉山政美 作曲: 都倉俊一

歌いだし:確かに貴方はやさしい人だし

天馬ルミ子 教えてください、神様

小学四年生から平尾昌晃音楽学院に入学、小学6年生でデビューが決定。

NHK「レッツゴーヤング」のサンデーズ、「ぎんざNOW」などのレギュラー番組があったが、学業に専念するということで芸能界を半分引退。

当時、早熟アイドルとしてかなり脚光を浴びている気がしたが、意外とセールはふるわなかったようだ。

 

 

 

スポンサーリンク


中原理恵 東京ららばい 1978年3月21日デビュー

誕生日: 1958年6月17日

デビュー時の年齢: 19才9ヶ月

作詞: 松本隆 作曲: 筒美京平

歌いだし:午前三時の東京湾は 港の店のライトで揺れる

中原理恵 東京ららばい

北海道函館市出身。

デビュー曲の「東京ららばい」が大ヒット、この年の紅白歌合戦にも出場。

大人っぽいイメージを求められたため、実年齢よりも2つ上にプロフィールを偽っていた。

1981年から『欽ドン!良い子悪い子普通の子』の人気コーナー「良い妻、悪い妻、普通の妻」に出演、コメディアンとしてのセンスが高く評価されることになる。

その後、ドリフ大爆笑や映画などにも出演をしている。

 

 

石野真子 狼なんか怖くない 1978年3月25日デビュー

誕生日: 1961年1月31日

デビュー時の年齢: 17才1ヶ月

作詞: 阿久悠 作曲: 吉田拓郎

歌いだし:あなたも狼に変わりますか

石野真子 狼なんか怖くない

1977年、オーディション番組「スター誕生!」に出場。

過去に例がないほどの会場の一般審査員からの得点が入り、専門審査員の得点の前に合格してしまう。

決勝大会でも16社からのプラカードがあがり、デビューを勝ち取る。

デビュー曲は吉田拓郎の作曲。

キャッチフレーズは「100万ドルの微笑」。

2曲めの「わたしの首領(ドン)」、3曲めの「失恋記念日」と連続でヒット。

1979年、1980年に紅白歌合戦に出場した。

八重歯がチャームポイントで、いまでもドラマの少し惚けてるけれど愛しいお母さん役などでよく見かける。

 

 

石川ひとみ 右向け右 1978年5月25日デビュー

誕生日: 1959年9月20日

デビュー時の年齢: 18才8ヶ月

作詞: 三浦徳子 作曲: 宮川泰

歌いだし:右向け右 Ah 心が叫ぶ

愛知県海部郡出身。

高校2年生の時に「君こそスターだ!」でチャンピオンとなり、デビューを果たす。

歌唱力と愛らしいルックスで評価は高かったが、ブレイクしたのは1981年10枚目のシングル「まちぶせ」。

「まちぶせ」は荒井由実が作った三木聖子の曲をカバーしたものだった。

この年に紅白歌合戦にも出場する。

NHKの人形劇「プリンプリン物語」の声優や、レッツゴーヤングの司会などと幅広く活躍をした。

 

 

スポンサーリンク


金井夕子 パステル ラヴ 1978年6月20日デビュー

誕生日: 1958年7月7日

デビュー時の年齢: 19才11ヶ月

作詞: 尾崎亜美 作曲: 尾崎亜美

歌いだし: さよなら初恋のひと ほほえんで言える

金井夕子 パステル ラヴ

「スター誕生!」でチャンピオンとなりデビュー。

デビュー曲の「パステルラブ」は名曲とされ、松本典子や星野真里がカバーしている。

歌手活動のあとは作詞家として活躍した。

 

 

高見知佳 シンデレラ 1978年11月1日デビュー

誕生日: 1962年7月9日

デビュー時の年齢: 16才3ヶ月

作詞: 橋本淳 作曲: 筒美京平

歌いだし:テレフォンブックぱらぱら

高見知佳 シンデレラ

愛媛県新居浜市出身。

今治市で開催されたラジオ番組ののど自慢に参加、スカウトされ芸能界デビューを果たす。

「アイアイゲーム」などのバラエティ番組で活躍。

歌手としては「くちびるヌード」のヒット曲がある。

バラエティ番組や情報番組の司会をつとめた。

昭和アイドル買取 星瞬堂

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください