1. TOP
  2. アーティストグッズ買取
  3. 安室奈美恵
  4. 安室奈美恵深セン(深圳)ライブ二日目REPORT[2018.3.18]

安室奈美恵深セン(深圳)ライブ二日目REPORT[2018.3.18]

 2018/03/20 安室奈美恵
この記事は約 7 分で読めます。

安室奈美恵さんの中国・深圳コンサートの二日目のレポです。

よろしければお付き合いください。

開場前の様子

さて、同じ会場が2日連続となれば、海外とはいえ、勝手知ったるもの。

と思ったら、昨日にいなかった、メイド服を着た女性たちが何かを配っています。

彼女たちは日本語勉強中のようで、片言で教えてくれました。

「無料です。ホテルの宣伝入ってる」

ティッシュを配るようにコンサート会場前でペンライトを配る。

ペンライトというには大きすぎますが、でも、これ宣伝効果あるのかしら。

全員中国人の娘たちで、私からすると日本人との区別がまったくつかないのですが、中国に住んで3年以上の友人はすぐにわかるそうです。

難しい。

会場に到着したのは16時頃。

開場の二時間前ほどです。

 

安室ちゃんの中古のCD販売

 

昨日同様の海賊グッズの販売に加え、この日は中古の安室ちゃんのCDを販売している人がいました。

なぜか浜崎あゆみさんのもいっぱい。

中国のファン凄すぎる!

こちらのテーブルで何をしているかと言うと、中国のファンの方が来場者に薔薇をプレゼントしていました。

なんか楽しそう。

今回のライブが、安室ちゃんにとって通算700回目となるライブだそうで、垂れ幕にみんなで寄せ書きをしていました。

オフィスに当日券を尋ねてるんでしょうか?

今回、深圳の近くに住む友人に、お迎えからホテルまでの送迎やら、観光案内やら、面倒を見てもらいました。

会場も二日間一緒に来てくれて、じゃあ、折角なので見ていきませんか?とお誘い。

折角なら、と行く気になってくれました。

で、チケット探し。

まずは相場を知ろうと、中国式でダフ屋の人たちに安いチケットがないか聞いてみてみました。

そしたら、寄ってくる、寄ってくる。

あっという間に10人ほどのダフ屋に包囲。

ちょっと財布すられないように警戒しとかないとなぁと思ったところに、更にひとり女性が寄ってきて、何か話しかけてきます。

この娘もダフ屋なのかな?

若いし、そんな感じに見えないし。

彼女は私が日本人だとわかると、片言の日本語で、チケットを無料であげると申し出てくれたのです。

どうやら、中国のファンのグループでまとめ買いしていて、欲しい方にプレゼントしているとか。

私達は正規のチケットを買って欲しい。お金は無料。

お言葉に甘えて、1枚チケットを譲って頂くことにしました。

まだまだ沢山のチケットを持っていましたが、きっと配りきれなかっただろうなぁ。

早めに入場

18時開場ということでしたが、その20分ぐらい前から、拡声器でスタッフが片言の日本語で、「

もう入場できますよ。入ることができますよ」とアナウンス。

それならばと早めに入場です。

昨日同様、荷物のX線検査はあるものの、そこで止められているような人は皆無。

トイレをすませ、売店で飲み物とポップコーンを購入して、自分の座席に座ります。

本日はVIP3の5列目。

隣に座った関西の女性にちょっと先輩ヅラして、ファンクラブからの当選はどうやら二日間だとVIP1とVIP3にふりわけられていて、両日でどっちにもなるようにしているみたいですよ、なんて言ったら、私も昨日も来ていて、両日ともVIP3です、とのこと。

失礼しました。

彼女は13年間、安室ちゃんのライブだけに行っていて、引退後2,3年は今回のツアーの映像化されたものを見たりして、行きていけるが、その後どうなるかわからないとのこと。

でも、まだ大阪京セラドームも当たっているということで、その点は羨ましい限りです。

本日も開演時間19時になってもはじまる様子はなし。

よし、ここで思い切って、もう一回トイレに行っておこうと猛ダッシュ。

戻ってきても全然余裕でした。

二日目のアリーナのシートには全席こちらのフラッグが置かれていました。

これも中国のファンの方が用意してくれたみたいです。

ライブは絶好調!

昨日と同じく、10分ほど遅れてライブ開始。

セトリや内容は昨日・・・というかこのツアー中、すべて同じ。

初日は小室哲哉楽曲で、高音が厳しそうに感じるところがあったのですが、今日は調子が良さそうです。

声がかすれるような場面もありません。

Do It For Loveの時の安室ちゃんの雄叫び。

初日は声の調子が悪かったこともあってか、まったく何を言っているかわかりませんでしたが、今回は「Everybody Scream!」と叫んでいるのが聞こえました。

私もこれでこのツアー3回目ということもあり、はじめて冷静に見られた気がしました。

個人的にうわっと鳥肌たったのは、Get Myself Backの時だったか、とにかく黄色の衣装の時にステージの後方からスポットがあたり、左右の壁に安室ちゃんのシルエットが映るんですよね。

それも上半身と下半身が別々に。

これがなんとも可愛くて素敵でした。

 

いやぁ、思い切って来て良かったです。

中国人のライブのマナー

悪かったなんていうツイートも見かけましたが、私が見た感じでは特に目立ったことはなかったです。

中国人の方たちは大声でケンカのように話すことが多く、ライブ中もそんな感じなのかなぁとこの注意書きを見た時思いましたが、私の周りではそんな人はいませんでした。

これはただ知らなかっただけと思いますし、私もうっかりしていてしてしまったのですが、バラード曲で、スマホのライトを照らしてましたね。

これは最近、コンコートでよくある煽りで、演者側が要求することもあるので、決してライブとしてマナーの悪いことではない思いますが、安室ちゃんのライブでは光り物禁止、スマホは電源を切っておくことと書いてあるのでマナー違反といえばそうだったのかもしれません。

ただし、係員は注意もしてませんでしたね。

 

今後の反省

悔いが残るのはステージ近く、できたら5列目以内で見たかったけれど、できなかったこと。

結果から言えば、ファンクラブから申し込むのではなく、中国サイトから申し込めばよかったし、モラルの問題はありますが、ダフ屋から良席を買った方がいいチケットがあったし、値段も安かったかもしれません。

今回、深圳に行く方のグループに入れて頂き、WeChatで情報交換をさせてもらいましたが、実際にどなたとも会いませんでした。

ほとんどが若い女性の方のようなので、顔を出してもお邪魔なだけだろうし、私は安室ちゃんに関してはかなりにわかなので、失礼かなという気持ちもありました。

でもライブ終演後はちょっと語りたかったですね。

\ SNSでシェアしよう! /

BOOK REPORTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BOOK REPORTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

エーブック

エーブック

名古屋を中心に出張買取、全国から宅配買取をお受けしております。
お気軽にお問合わせください。

電話 0120-54-7584

この人が書いた記事  記事一覧

  • 週に3食?!「食べない人ほど仕事ができる!」を読んで実践してみる

  • 安室奈美恵香港ライブ2018~会場案内から当日の様子~

  • 中国深圳旅どたばた日記~安室ちゃんと街角中華料理と電気街~

  • 安室奈美恵深セン(深圳)ライブ二日目REPORT[2018.3.18]

関連記事

  • 安室奈美恵ファンクラブ限定品・ファンクラブ会報買取価格一覧

  • 安室奈美恵の深センチケットが高い理由と深セン情報

  • 安室奈美恵ポスター買取価格一覧

  • 安室奈美恵ツアーパンフレット買取価格

  • 安室奈美恵香港ライブ2018~会場案内から当日の様子~

  • 安室奈美恵深セン(深圳)ライブ初日REPORT[2018.3.17]